So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

迫りくる降格の恐怖。まれにみる僅差の残留争い。

きれいごと言ってもしょうがない。

そうですか。だったら、点とれる選手を
1点の重要性を持った選手の意識づけをしてくださいな。

ブラジル人FWはどうしたんですか。

使えないのですか、使えないのですか。

軽いサッカーが生まれるのは、なぜなんでしょうか。

以下、これからの対戦相手ですが、勝てる気がしません。

札幌〇→横浜×→松本〇→名古屋〇→神戸×→清水×→大阪〇→大分×→広島〇

前節までの勝敗ですが、結局8月を夏にすれば、1勝2敗2引き分け。

予定通り夏に弱いところは、克服できず、今だ、いやらしいプレーのできる
選手さえ出てこない。

監督含め、選手もぬるま湯につかっているってことですかね。

今シーズは、本当に特殊なシーズンです。コンサドーレは引き分け、
次節からのマリノス、松本に連勝できなければ、降格の確率はますます
高まるのは間違えないです。

B級選手が先発を張ってはいけないんですよ。

共通テーマ:スポーツ

大誤算。あまりにも湘南に合わせしすぎたベガルタ。

あそこまで、湘南のテンポに合わせる
必要があったのだろうか。
システムこそ違うが、同じテンポで
試合を進める、ミラーテンポのような
試合だった。

特に、1点を先取したにも関わらず、
湘南のテンポをいなすゲームができな
かったのが、大きな敗因だと思う。

まだまだ、1点の重みを、1対0のサッカー
が身についていないベガルタは、大切な
夏の終わりの3連戦を勝ち点2という、
鳥栖戦に勝ちにいかなければならない
状況を自らつくってしまった。

攻撃も、サイド一辺倒、中央へのクロス
の供給、しかし、意図はあれども正確性
に欠くクロスでは、点は入らない。

今日のジャーメインは起用は失敗だったし、
途中の阿部の起用も、もっとボールをキープし
しかけるサッカーをしてもらわないと、勝てる
わけがない。

もっと、1点の重みを感じてプレーできれば、
おのずと、頭もどうしたらいいのか、働いて
くるはず。

やはり、これから勝ち抜くには、中央での起点が
もっとバリエーションのあるものでなければ、
難しくなってくるはず。

しかし、勝ちに行く気が今日はなかったんですかね。
交代を一人残しているはずなのに。

ブラジル人選手も相変わらず使えないのか、フィット
させられないのか。

鳥栖戦は死闘だな。

共通テーマ:スポーツ

どうする夏の3連戦。終盤戦のカギを握るのは誰だ。

明確スタイルで点がとれていない。

試合ごとに見ていてイライラするのは、この部分。
時には、サイド一辺倒、中央から攻める前にブロックを
組まれるとまったく攻撃が機能しない。

守備がある程度機能している分、今シーズンは2連敗以上が
ないのは、幸いだが、FC東京戦の時のように一瞬の集中力
の欠落は、相変わらず。

次節の川崎戦は現在3位。2位鹿島との勝ち点は2、1位FC東京
との差は9。まだまだ優勝を狙える位置にいる。
しかも、川崎は天皇杯では、岡山に勝ったものの、レギュラー
シーズンでは、名古屋に3-0で負けた後でのベガルタ戦になる。

試合の展開としては、回される中、ブロックを維持してカウンター
狙いの流れとなるのだろうが、ここは、ホーム戦だし、1レベル高い
サッカーを望みたい。

それには、タメをつくれる選手、特に中央でのプレーが大切になって
くるところだが、この部分の連携、選手の質がまったく期待できない。
もし、この部分でのプレーの質が上がれば、よりサイドからの攻撃が
生きてくるはずだ。

当然、松下がその中心になってくるとは思うが、もう一つはトップの
選手のタメのプレー質。ハモンはやはり、2列目の選手。となると当然
期待があがるのは、ジオゴと言いたいところだが、どうも即フィットで
きるレベルの選手ではないのか、今だにレギュラーシーズンでの頭からの
プレーが見ることができない。ハモン、石原、長沢のトップでのプレーは
今のところ、相手に脅威を与えるだけの質に達してはいない。

この夏の3連戦は、ホーム2連戦。川崎にビビっている暇はない。
FC東京戦の時のような、途中から出て試合の流れを壊してしまう選手の起用は、
いくらサッカーとは言え、使ってみなければわからなではすまない。
あの起用をみれば、監督なに考えてるの?ということになってしまう。もっと、
可能性のあるプレーができる選手がいるのではないだろうか。

さて、この3連戦、勝ち点5は最低限の目標だろう。
川崎には、どんな形でもいいので、闘う姿勢の見える試合を渇望する。





共通テーマ:スポーツ

残留圏を抜け出したわけではないのに。プライドのない、無策な試合。

J2に落ちたら二度と這い上がれないよ。

無策な試合、勝ててないチームへの対応。

とにかく、こんな気の抜けた試合は勘弁してほしい。

キーパーを外国へ送り出す試合だから、勝てる?

勘弁してほしい。金返せ。

共通テーマ:スポーツ

有言実行。関口ガガンガーン。

今日は言う事ないです。

関口様様です。

新聞でのコメント通り有言実行
してくれました。

日曜のナイトゲームで集まった
サポーターも、明日パワー全開で
仕事ができるでしょう。

ありがとう!!関口訓充!!!!

共通テーマ:スポーツ

流れを変えた73分のシュミット。

やはり、これこそ日本代表のゴールキーパー。

彼のプレーが流れを変えた。
勝ち点3の陰の功労者はプレーはさずが、代表
と言える値千金のセーブだった。

スタメンをルヴァンカップのメンバー中心にして
臨んだ今節。答えはいとも簡単に出た。

リーグ戦で試した若き力は、まだまだ発展途上。
時間をかけて競わせて成長させるしかないようだ。

勝っての中断期間は、チームにとってはいい熟成の
期間になるといいのだが。

共通テーマ:スポーツ

今日も2失点は彼から。どこまで我慢できるか。

明らかに経験不足。

公式のコメントに出ていたので、監督はわかって
いるようだが、ここまでして使いつづける必要が
あるのか。

彼がらみでの失点が多いのは明らかだし、自分の
起用の意地からなのか、そんな余裕はないはずだが。

ただ、今回ハモンロペスが次節出場停止のため、
彼の自我的なプレー、FWとしてのプレーの質が
チームを苦しめていたので、新たな組み合わせが
できることが、次節への救いか。

次節は名古屋相手だが、ホーム。しかも代表戦で
2週間あるのは、幸運だ。

今は、トーナメントへ集中することが、大切な時。
名古屋戦で勝てないようなら、来る時がくる。
って、明日あたり、辞任のニュースがでたら。。。

一から見直す2週間となりそうだ。

共通テーマ:スポーツ

使いつづけるのか。。。若きDF。

あまりにも、先に失点するケースが
多すぎる。

それも、イージーなミスから。

全ては若きDFの対応が引き金なのだが。

成長するまで使い続ける余裕があるのか。

ここは悩みどきだ。

ちょっとしたところなのだが。

いつまで我慢できるか。

共通テーマ:スポーツ

どうする?

王者相手とはいえ。
この試合内容はいただけない。

失点シーンは、ボールを奪った後の
プレー。ジャーメインへのパスの選択が
全てだった。二人にきっちりマークされ
ボールを奪いかいされそこから、展開され
失点してしまう訳だが。

まずは、彼も、ハモンロペスも二人を背負って
ボールをキープできるプレーヤーではないこと。
危ない領域でボールをロスするケースが非常に
多い。他の選手も、この奪われてはいけない
ゾーン、特にペナルティエリア前や、センター
ラインより手前でとにかく、パスミスなどでロス
してしまう。

この部分だけでも、とにかく改善しないと勝てる
チームにさえ勝てなくなる。

さらに、前線の選手がボールをキープできてない
こと。まったくタメが作れないため、守備をする
時間が多すぎる。たぶん、今のベガルタなら、
プレーを遅らせて、ブロックをつくってしまえば、
まず、そこから、個人で打開できる選手がいないため
まず、失点は防げると思われているはずだ。

どの位置からでも、繋げとの監督からの指示なのか、
それとも、状況を判断できるだけの選手の余裕が作れて
いないのか。。。。。

ルヴァンカップの全体を見ることができないので、何とも
いえないのだが、勝てている試合がリーグ戦以外にあると
いう摩訶不思議な今シーズン。

その原因は何なのか。4-4-2へのシステム変更でチーム復活
をかけた結果がこれだから、なんと言っていいのやら。

ほんとに、どうする?としか、言いようがない。

FW、中盤、センターバック、補強リストはもうできている
んだとは思うが。あ、監督も。

5月の3戦の結果は、今後の順位を左右することになった。

どうする?

共通テーマ:スポーツ

さて。どうなる。首を掛けた鹿島戦。

まったなし。

負けた場合は更迭もありうる。

時期候補は新潟でも実績のある鈴木氏か?

タメがつくれない、イージーなミスの多さ。

今のベガルタには勝てる要素があまりにも

なさすぎる。

渡邊さんは、今は勝ちつづけるしかない。

共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。